新規投稿のお知らせを受信されたい方は、サブスクリプションをご登録ください:

Googleから生成AIまで:2023年に最も人気のあったインターネットサービス

2023/12/12

26分で読了
From Google to Generative AI: Ranking top Internet services in 2023

ほとんどのインターネット利用者は、ニュース、メッセージ、動画、AIチャットボット、音楽などのサイトやアプリケーション、インターネットサービスの自分なりのお気に入りのリストを持っています。この質問をさまざまな国の多くのユーザーに投げかけてみると、世界で最も人気のあるWebサイトやサービスが見えてきます。今回の記事では、2023年に人々がオンライン世界とどのように関わって来たかについてCloudflareが観測した内容から紐解いて行きます。

過去2年間に実施した同様のレポートを基に、2023年のインターネットプロパティ・トップランキングを作成しました。今回、私たちは総合ランキングに加え、注目すべき9つのカテゴリーを選出しました。その1つが、2023年から新たに加わる「生成AI」です。以下、9つの部門を掘り下げます。

1. 生成AI
2. ソーシャルメディア
3. eコマース
4. 動画ストリーミング
5. ニュース
6. メッセージアプリ
7. メタバース&ゲーミング
8. 金融サービス
9. 暗号通貨サービス

結果の算出方法は2022年と同じです。世界中の何百万人ものユーザーが利用している1.1.1.1パブリックDNSリゾルバーの匿名化されたDNSクエリデータを分析します。インターネット・サービスのリストを作成するために、さらに2つの方法を用います。まず、1つのオンラインサービスに属するドメインを集約します。たとえば、X(旧Twitter)の場合、twitter.com、t.co、x.comなどが含まれます。2つ目に、ドメインの大規模なソースリストを参照し、人に対してサービスを提供するサイトを特定します。つまり、私たちのランキングには、データに見られるすべてのドメインが含まれているわけではありません(たとえば、root-servers.netやCloudflare-dns.comなどのドメインは除外しています)。サイトの総合ランキングは、これらの基準を満たす他のサイトとの相対的なものであり、各部門のランキングは、同じカテゴリーの他のサイトとの相対的なものです。ここで重要なのは、あるサイトの順位が下がったからといって、必ずしもそのサイトのトラフィックが減少した、または他のサイトのトラフィックが増加したとは限らないということです。同様に、逆もまた然りです。ここで行っているのは、絶対的なトラフィックの追跡ではなく、相対的な人気の追跡です。

それでは、分析を始めましょう。2022年11月30日に開始されたOpenAIのChatGPTの成功に続き、生成AIは世界とニュースの両方を魅了しました。OpenAIは、1月の200位から上昇し、最も人気のあるインターネットサービスの総合トップ100にランクイン間近です。

eコマースでは、低価格とファストファッションのマーケットプレイス「Temu」が同様の成長を遂げ、「Shein」や他の大手プレイヤーを凌駕し、同部門で7位となり、今年のサプライズとなりました。また、ブラックフライデーは、PayPal、Stripe、Klarnaなどの決済サービスだけでなく、他のいくつかのeコマースサービスにとっても最高の日となりました。

ソーシャルメディアでは、X(旧Twitter)が総合ランキングで若干順位を落としたものの、重要なオンライン・ディスカッション・プラットフォームとしての地位を維持しました。7月にInstagramが出したThreadsのような新しいアプリも、ソーシャルメディア部門において、まだその地位を確立していません。さらに、2023年3月の米国の銀行危機、潜水艇タイタンの爆発事故、ワグネルの反乱、10月7日のハマスによるイスラエル攻撃といった出来事に関連したニュース関連の注目すべきトレンドも目にしました。

最後に、総合トラフィックランキングに登場したテイラー・スウィフトとビヨンセのWebサイトなど、他のカテゴリーに当てはまらない様々なトレンドについて考察し、レポートを締めくくりました。

年間を通してのトレンドの変遷を詳しく見るには、続きをお読みください。詳しくは、2023 Cloudflare Radar Year in Reviewマイクロサイトをご覧ください。最も人気のあるインターネットサービスの一覧とともに、Year in Review(一年の振り返り)サイトとそれに関連するブログ記事において、さらに多くの指標を調査しています。

1位Google。Facebook、Apple、TikTokが続く

2021年にこのランキングの報告を開始して以来、常に総合トップ10リストから紹介しています。これは、1.1.1.1リゾルバーを経由したDNSトラフィックに基づいて、2023年に世界的にインターネットプロパティのトップとなったサービスを指します。当然のことながら、Google(ここでは、google.comを使用するGoogleマップやGoogleフライトなどのサービスを含めています)は、最も人気のあるインターネットサービスの総合ランキングで第1位を維持しました。昨年、新しいランキング方法を導入して以来、Googleの1位に迫ったサービスは他にありません。

2023年、最も人気のあるインターネットサービス総合トップ10

  1. Google
  2. Facebook
  3. Apple
  4. TikTok
  5. Microsoft
  6. YouTube
  7. AWS
  8. Instagram
  9. Amazon
  10. iCloud

Google以外では、Facebookが常に2位で、Apple(たとえば、iPhone関連サービスを含むいくつかのユースケースでapple.comを使用)は、4月にTikTokがその座を奪った以外は、概ね3位でした。Microsoftは、6位のYouTubeと順位が入れ替わることもありましたが、ほとんど5位をキープしていました。

AWS(amazonaws.comなどのドメインを使うことでAmazonと区別)は7位を堅持し、InstagramはAmazonが絡むいくつかの例外を除き、年間を通して8位を維持しました。10位は入れ替えが頻繁で、iCloud(icloud.comなどのドメインが使われており、apple.comとは異なります)、Netflix(主に週末)、Microsoft Officeがしのぎを削りました。下のグラフでは、総合ランキング上位のインターネットサービスが1年を通してどのように変化してきたかをご覧いただけます。

2022年、X(旧Twitter)は総合ランキングで10位にランクインしましたが、2023年にこの順位に達することはありませんでした。ソーシャルメディア部門におけるX(旧Twitter)の動向については後述します。

生成AI時代を迎える準備はできているか?

生成AI部門は、2022年11月下旬にOpenAIからChatGPTが発表されて注目を集め始め、そして2023年に世界的な現象となりました。私たちは2022年12月2日の「This Week in NET」でこれをテストし、感銘を受けました。OpenAIが2023年の早い時期に人気を博し、このリストのトップになったのは驚くことではありません。この年には、他の生成AIサービスも登場しました。

2023年生成AIサービストップ10

  1. OpenAI
  2. character.ai
  3. QuillBot
  4. Hugging Face
  5. Poe
  6. Perplexity
  7. Wordtune
  8. Bard
  9. ProWritingAid
  10. Voicemod

Open AIの1位以下には、年間を通じて大きな変化がありました。1年の中頃以降、character.aiがQuillbotから2位の座を奪いました。ChatGPTを含む複数のAIチャットボットを組み合わせたQuoraのPoe AIは、3月下旬にトップ10入りし、4月下旬まで3位を維持しましたが、その後4位に落ち着きました。

この図は、今年後半に人気が高まった生成AIサービスの動きを示しています。

AIモデルプラットフォーム「Hugging Face」がほぼ5位でしたが、Googleの「Bard」も11月に5位に入りました。3月に地域限定で発表された「Bard」は、ヨーロッパとブラジルで広く発表された後、この部門でトップ10入りを果たしました。7月から9月にかけては7位でしたが、年後半にはピークに達しました。

2023年後半に当社のリストで重要な位置を占めるようになった他の生成AIサービスには、Anthropic社の「Claude」(7月に新モデルClaude 2が発表されましたが、EUではまだ使用できません)が含まれます。8月には5位でしたが、9月以降は6位に順位を下げました。ChatGPTの競合である「Perplexity AI」は、9月以降は8位でした。

Discordのボットコマンドを利用してアートワークを制作する「Midjourney」は、3月下旬に3位でピークを迎え、その後減少に転じ、4月と5月には5位、9月には10位にまで落ちました。

Prowritingaid、Voicemod、WordtuneのようなAIを搭載した他のサービスは、今年の前半は人気がありましたが、後半は奮いませんでした。Bardeenは5月と6月にトップ10入りし、Descriptは3月から5月にかけて9位にランクインしました。

総合ランキングで生成AIサービスの傾向を見ると、以下のような顕著な傾向が見られました。

  • 1月上旬の総合ランキングでは200位前後だったOpenAIは、3月から4月にかけて大きく順位を上げ(OpenAIはこの間にGPT-4プラグインを発表)、現在はトップ100に近い位置にいます。ピークは11月初旬(11月9日の104位)で、これは11月6日にサンフランシスコで開催されたOpenAIの最初の開発者カンファレンスの直後でした。11月後半にサム・アルトマンが短期間離脱しましたが、 目立った影響はありませんでした。
  • character.aiの成長はOpenAIと同様で、1月初旬の500位以内から最近では200位前後まで上昇しました。Quillbotは年間を通して安定しており、258位前後でした。
  • Poe AIは6月18日の276位をピークに、現在は290位前後です。Claude AIは8月下旬の337位をピークに、11月には380位前後となりました。

ソーシャルメディアにおけるFacebook(Xではない)効果

Kepiosの分析によれば、2023年には世界中で49億5000万人のソーシャルメディアユーザーが存在し、これは世界人口の61.4%を占めます。そのため、このカテゴリーは、コミュニケーション、情報、そして一般的な注目の中心的な舞台として、私たちの日常生活で大きな役割を果たしています。

当然のことながら、Facebook、TikTok、Instagramなどのソーシャルメディア・プラットフォームは、最も人気のあるインターネットプロパティで上位にランクインしており、インターネットサービス総合トップ10でも紹介されています。

ソーシャルメディア部門のリストでは、トップ5は昨年から変動はなく、1位はFacebook、2位はTikTok、3位はInstagram、4位はX(旧Twitter)、5位はSnapchatでした。

2023年ソーシャルメディアサービストップ10

  1. Facebook
  2. TikTok
  3. Instagram
  4. X(旧Twitter)
  5. Snapchat
  6. LinkedIn
  7. Discord
  8. Reddit社
  9. Pinterest
  10. Kwai

Twitter(2023年7月にXに改名)とInstagramがしばしば3位を争っていた2022年とは対照的に、今年はX/TwitterがInstagramを超えることはありませんでした。

Discordと1月と4月の数日間を争ったものの、LinkedInが6位をキープしました。

通常8位のRedditは、2月と3月にDiscordと7位の座を争いましたが、4月にRedditのAPI変更に関する論争と同時に8位に後退しました。平日はRedditがDiscordに迫ることが多く、週末はDiscordの方が人気でした。以下、Pinterest(9位)、ブラジルやインドネシアなどで人気の中国系動画アプリKwai(10位)が続きました。2023年のトップ10チャートはこちらをご覧ください。

フットボール(サッカー)のピークが過ぎた後のTwitter(X)の下落

続けてソーシャルメディアについて、特定のカテゴリーを離れ、サービス間で大きな違いが見られる総合ランキングでソーシャルメディアサービスがどのような結果を残したかを見てみましょう。

下のグラフは、総合ランキングにおけるInstagramとTwitterの位置を表しています。Instagramは常にトップ10にランクインし、2023年5月頃には一時的に10位に落ちるものの、通常は8位か9位をキープしています。

X/ツイッターは、ウクライナ戦争開始後の昨年、総合8位まで上昇しましたが、2022年は12位で終わり、2023年も下落傾向が続きました。昨年より低い12位から16位の間でスタートし、13位から19位の間で終了しました。2023年のこの2つの推移がこちらです。

X(旧Twitter)は週末に特に人気があり、4月15日から6月10日の間に11位か12位にランクインしました。​​具体的には、5月14日以前の週末は11位、5月14日から6月10日までは12位でした。これは、欧州サッカー選手権の重要な場面に重なります。しかし、6月10日の欧州チャンピオンズリーグ決勝の後、X(旧Twitter)は再びその高みに達することはありませんでした。

このフットボール(サッカー)に起因すると思われるTwitterのトレンドを見てみましょう。X(旧Twitter)のランキングは、イングランド・プレミアリーグ(間違いなく世界で最も視聴されているスポーツリーグ)の重要な瞬間、特にマンチェスター・シティが4月15日以降にタイトル獲得に向けて決定的な前進を見せたときにピークを迎えました。このトレンドは6月10日の欧州チャンピオンズリーグ決勝まで続き、シティの優勝と歴史的な3冠達成が、X(旧Twitter)の今年最後のランキングピークとなりました。つまり、プレミアリーグの試合がすでになかった6月3日の週末に、X(旧Twitter)は13位まで順位を下げました。

X(旧Twitter)に代わるもの:Mastodon、Threads、その他

Tumblrは、最近の他の選択肢よりも確立されたプラットフォームであり、総合ランキングでは125位から153位の間を変動し、下降傾向を示しています。すぐ後ろには、数百のMastodonサーバーの集合体が160位から200位にランクインしています。

Instagram/MetaのThreads(次図参照)は、総合ランキングで7月6日の227位をピークに下落し、8月下旬以降は300位前後まで回復したものの、2023年のソーシャルメディアサービスランキングのトップ10には入りませんでした。ちなみに、Kwai(ソーシャルメディアランキング10位)は通常、総合トップ50前後にランクインしています。

新規参入のBlueskyは、8月下旬にトップ500に初登場し、9月19日に432位で初の急上昇、11月にはトップ400に到達し、11月19日の397位がピークとなりました。Truth Socialは8月23日の318位をピークに下落し、11月は平均450位前後でした。

Hive Social、Counter Social、Post.News、T2/Pebble、Parlerなどを含む他のソーシャルアプリは、総合ランキング500位内には登場しませんでした。

以下は、ソーシャルメディアアプリのその他の傾向と、総合ランキングにおけるその他の結果です。

  • Snapchatは週末に人気が高く、全体では18位から21位の間で変動していました。10月以降はパフォーマンスが向上し、X(旧Twitter)に迫る18位を数日間記録しました。
  • Discordも週末に人気が高く、24位から35位の間で変動し、4月のピークは24位でした。これは、Discord上でユーザー向けに画像を生成する生成AI画像サービス「Midjourney」と同様の傾向でした。最終的に、32位前後で1年を終えました。
  • Redditは平日に人気が高く、他のソーシャルメディアサービスとは対照的に、北半球の夏においてランキングを下げ、30位から38位の間を推移しました。
  • Quoraも平日に人気が高く、116位から146位の間を変動していましたが、夏には下がり、11月には130位前後に落ち着きました。
  • Tinderはソーシャルマッチングアプリで、11月のピーク時の124位から133位に転落しました。日曜日に人気が高くなります。
  • OnlyFansは着実な成長を見せ、7月上旬の148位をピークに175位前後に落ち着きました。このアダルト向けのソーシャルコンテンツ配信サービスは、週末、特に日曜日に人気が高い傾向にありました。
  • 日常の写真を共有するフランスのソーシャルメディアアプリBeRealは、ソーシャルメディアランキングトップ10に接近するもランクインせず、9月の総合ランキングでは最高141位まで成長したものの、11月に下落しました。

eコマース:Temuが成長

eコマースは、相変わらず関連性が高く、最近のCyber Weekのブログ記事で特に顕著に表れています。Amazonは常にこの部門でトップであり、Taobaoは2位を堅持しています。2022年はeBayがほぼ2位だった一方で、2023年初頭と6月19日に数日間2位を獲得した以外は、現在3位に下がっています。

2023年eコマースサービストップ10

  1. Amazon
  2. Taobao
  3. eBay
  4. Shopify
  5. Alibaba
  6. AliExpress
  7. Temu
  8. Rakuten
  9. Mercado Libre
  10. Walmart

年間を通じて、Shopifyは4位と健闘し、ブラックフライデーにはeBayを抜いて3位となりました。Alibabaは5位で、11月11日のシングルデーがピークでした。6位にAliExpressが続きました。

楽天とTemuが2023年のランキング7位を争いました。ボストンを拠点とする中国資本の低価格・ファストファッション・マーケットプレイス「Temu」(2022年9月に米国でスタート)は、間違いなく今年のサプライズの1つでした。2月にカナダ、オーストラリア、ニュージーランドに進出し、2023年は楽天の上の7位で終わりました。ブラックフライデーを含め、年間6位にランクインしたこともありました。Temuは、2022年にはトップ10にいませんでした。

南米のeコマース・プラットフォーム「Mercado Libre」、アメリカの小売大手「Walmart」、ファストファッションブランドの「Shein」は、eコマース部門の9位と10位を1年間で「争いました」。

総合ランキングにおけるeコマースサイトの動きを見ると、以下のような傾向が見られました。

  • Amazonは、プライムデー(7月11、12日)とブラックフライデーで8位を獲得し、年間総合9位となりました。
  • 中国のファストファッションブランドであるSheinは、1月に130位前後でスタートし、120位前後で終了するという成長を見せました。この傾向は、2022年に見られたものと同様です。
  • Temuは、1月にはトップ200に入らなかったものの、最終的にトップ100に入り、ブラックフライデーには84位でピークを迎えました。これはOpenAIのパフォーマンスと同様です。また、Temuは2023年5月にSheinを抜いています。
  • ナイキ、アディダス、Victoria's SecretH&Mと同様、Best Buyも2023年のブラックフライデーがピークでした。ZARAのベストデーは11月23日でした。
  • Targetは11月12日、134位で最初のピークを迎え、ブラックフライデーには135位で再びピークを迎えました。
  • IKEAは、ブラックフライデーの週にはあまり良い結果を残せず、独自のサマーセールリモートインテリアデザインAI関連戦略を開始した6月14日から15日(172位)に2023年のピークを迎えました。
  • Alibabaの2023年の最高順位は、11月11日のシングルデーで67位でした。

動画ストリーミング:YouTubeとNetflixは不動の地位を維持

動画ストリーミングプラットフォームは、私たちを楽しませる中心的な役割を果たし続けています。YouTubeは、すべての動画ストリーミングサービスにおいて依然としてトップであり、Netflixは僅差で2位となっています。しかし、当社のランキングでは、有料ストリーミングサービスの中ではNetflixがダントツのトップで、Disney+、Amazonプライム・ビデオ、Hulu、HBO/HBO Maxがそれに続きます。

2023年動画ストリーミングサービストップ10

  1. YouTube
  2. Netflix
  3. Twitch
  4. Roku
  5. Disney+
  6. プライム・ビデオ
  7. Hulu
  8. HBO/Max
  9. Vimeo
  10. Pluto TV

ビデオゲームのライブストリーミングコンテンツが多い「Twitch」は、2022年に続き、3位を獲得しました。ストリーミングサービスも提供するデジタルメディアプレイヤー「Roku」が4位にランクインしました。以下、Disney+、プライム・ビデオ、Hulu、HBO/Max(現Max)と続き、今年後半にはVimeoがPluto TVを上回りました。「Dailymotion」も、2月下旬に数日間トップ10入りを果たしました。

1年を通して、Disney+は時折Rokuを超え、特に8月23日のスター・ウォーズ関連ミニシリーズ『アソーカ』初放送後の週末に追い抜きました。

動画ストリーミングサービスの総合ランキングの結果を見てみましょう。

  • Netflixは、4月と5月の日曜日に記録した9位がピークで、このとき、ケリー・ラッセル主演の『ザ・ディプロマット』が公開されており、これは、当時同プラットフォームで最も視聴された番組でした。Netflix、プライム・ビデオ、HBO/Maxは週末に人気がありました。
  • プライム・ビデオの人気は年初の方が高く、『トップガン マーヴェリック』が公開された週末の3月26日に50位を記録しました。
  • HBO/Maxは9月以降、総合ランキングで順位を落としていますが、トップ100には残っています。
  • NBCのストリーミングサービスであるPeacockは、10月の111位がピークで、日曜日により人気がありました。
  • Paramount+は総合ランキングで順位を下げており、11月には156位まで落ちています。これも日曜日により人気がありました。

ニュース:GloboとBBCのグローバルな視点

パンデミック、戦争、金融不安などの特に危機的な状況下では、世界中の報道機関が世間に情報を提供する上で重要な役割を果たしています。このことを念頭に置きながら、報道機関のランキングは、いくつかのニュースに値する傾向も浮き彫りにしています。

2023年ニュースサービストップ10

  1. Globo
  2. BBC
  3. Foxニュース
  4. CNN
  5. NYタイムズ
  6. デイリー・メール
  7. ワシントン・ポスト
  8. ガーディアン
  9. NPR
  10. ウォール・ストリート・ジャーナル

昨年は、BBCとGloboがこの部門で同率1位でした。2023年は、南米で人気のブラジルのメディア複合企業である「Globo」が常に1位で、英国の国営放送「BBC」がそれに続きました。唯一の例外は6月20日で、BBCが1位でした。これは6月18日の潜水艇タイタンの爆発事故と重なり、翌週も世界的なニュースとして最も取り上げられました。

FoxニュースとCNNも、このリストで重要な役割を果たしています。Foxニュースは7月以降、CNNに抜かれて3位になったものの、11月には再びFoxがトップに立ちました。ニューヨーク・タイムズが安定して5位をキープし、デイリー・メール、NPRがそれに続き、6月にはワシントン・ポストがNPRを抜きました。

上位10位より下の順位変動はより激しく、また、「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、9月に8位となった以外はほぼ9位でした。「ガーディアン」は10月に8位となりましたが、これは10月7日にハマスとイスラエルの紛争が始まった時期と重なります。

潜水艇タイタンの爆発事故&ハマスとイスラエルの紛争

総合ランキングで確認された注目すべきニュースの傾向は以下の通りです。

  • CNNは6月22日に2023年のピークを迎え、73位となりました。この日はアメリカ沿岸警備隊が潜水艇タイタンの爆発事故の破片を発見し、乗員5人の死亡を確認したと発表した日でした。CNNの今年のもう1つのピークは、2月14日のバレンタインデーでした。
  • デイリー・メール(127位)とThe Indian Express(389位)も6月22日にピークを迎え、Foxニュースもこの日に、1月上旬以降の最高ランクを記録しました。
  • ドイツのニュース新聞「Bild」も6月22日がピークで、「Der Spiegel」は前日の6月21日が最高点でした。
  • BBCは、ハマスによるイスラエル攻撃後の10月8日に総合ランキングで大きなピークを迎え、76位となりました。また、上述の通り、この日はニュースカテゴリーのランキングでも上位に入りました。
  • ロシアの報道機関であるRTは、年間を通じて減少を示しましたが、ロシアでワグネルの反乱が起きた6月24日(234位)にピークに達しました。
  • イスラエルの新聞Times of IsraelHaaretzは、ハマスによるイスラエル攻撃のあった10月7日に総合ランキングに躍り出ました。前者は10月9日の275位、後者は10月8日の393位がピークでした。
  • ワシントン・ポストは、フィンランドがNATOに加盟し、ドナルド・トランプが米大統領として 初めて起訴された後、無罪を主張した4月4日から5日(117位)がピークでした。
  • China Dailyが1月のトップ500に入り、1月22日の旧正月前、1月20日に361位でピークに達しました。同様の上昇はSouth China Morning Postにも見られました。
  • TMZの最高順位は、TVスター、マシュー・ペリーの死去が発表された10月29日(243位)でした。
  • buzzfeed.comとbuzzfeednews.comを統合したBuzzFeedは、特に夏以降、総合ランキングで下落し、11月には300位前後まで落ち込みました。2023年4月、BuzzFeed Newsが5月に閉鎖されることが発表されました。

メッセージングアプリ:WhatsAppのルール&Telegramの台頭

メッセージングアプリはソーシャルメディアの一種と見なされており、特定のコミュニケーション目的を含め、これまでと同様に関連性があります。AppleのiMessageは、トラフィックを分析できる固有のドメイン名を有していないため、このカテゴリーには含まれていません。この点を考慮すると、WhatsAppは2023年もトップのメッセージングサービスであり続け、2022年の地位と一貫しています。

2023年メッセージングサービストップ10

  1. WhatsApp
  2. QQ
  3. Viber
  4. Telegram
  5. LINE
  6. Signal
  7. WeChat
  8. Messenger
  9. GroupMe
  10. Kik

「WhatsApp」に続く2位は、中国サービス「QQ」(別名テンセントQQ)で、これはゲームやモバイル決済を搭載し、アジアで人気のアプリです。東欧、アジア、中東で人気の「Viber」が次に続きます。トップ3は2022年と変わりません。東欧やアジアで広く使われている「Telegram」が4位をキープし、日本の「LINE」が2023年初めに一時期このポジションを争いました。「Signal」がそれに続き、中国のアプリ「WeChat」がFacebookの「Messenger」を抑えて7位につけています。

マイクロソフトの「GroupMe」とカナダのサービス「Kik Messenger」がランキングの最後を飾っています。順位は2022年と同じですが、Telegram、WeChat、Signalが改善を見せています。

以下は、総合ランキングから見たその他のメッセージングトレンドです。

  • WhatsAppは5月下旬から9月上旬にかけて最も人気がありましたが、ピークは11月14日で、総合ランキングで13位にランクインしました(同月はX(旧Twitter)と同ランク)。
  • Telegramは6月24日に総合79位に上昇しました。これは、ロシアで6月23日から24日に起こったワグネルの反乱によるものです。
  • WeChatは、1月21日から22日の旧正月前日とそれぞれの元旦がある第1四半期に大幅な急上昇を見せました。WeChatの2023年のピークは8月19日の122位で、中国の台湾周辺での軍事訓練に関するニュースと重なります。

メタバース&ゲーミング:Robloxがリード、Oculusが成長

ゲーミングはメタバースの一部ですか?別世界に没入できることを考えると、ある意味、ゲーム次第とも言えます。コンセプトはさておき、当社は昨年から両者を同じカテゴリーにしています。Robloxは2023年、この部門で文句なしの1位に輝きました。次いで、今や人気ゲーミング・コンソールの域をはるかに超え、人気オンラインゲーミング・サービスにもなっている2つのサービス、マイクロソフトのXboxと、ソニーのPlayStationが続いています。

2023年メタバース&ゲーミングサービストップ10

  1. Roblox
  2. Xbox/Xbox Live
  3. Epic Games/フォートナイト
  4. PlayStation
  5. Oculus
  6. Steam
  7. Electronic Arts
  8. Blizzard
  9. 任天堂
  10. Riot Games/リーグ・オブ・レジェンド

XboxとPlayStationは、その年のほとんどの期間、ランキングの表彰台に立っていました。上位は2022年と同様ですが、昨年3位だったPlayStationは、2023年終盤に(フォートナイトで知られる)Epic Gamesに抜かれました。

Metaが所有するVRヘッドセットであり、メタバース体験サービスでもある「Oculus」(MetaのReality Labsが提供するこの2つの側面に関連するドメインを考えている)は、2022年後半からのトレンドを引き継いで5位にランクアップしました。 6月29日には最高2位、Meta Connect 2023で「Quest 3」が発表された後の10月3日から4日にも再び2位を記録しています。

「Steam」は7月から9月にかけて「Oculus」よりも人気があり、5位にランクインしました。「Electronic Arts」は年間を通じて7位と健闘し、「Blizzard」(「World of Warcraft」で有名なActivision Blizzardの子会社)は8位がほとんどでした。トップ10は、任天堂とRiot Games/リーグ・オブ・レジェンドが9位と10位を「争う」結果となり、Riot Gamesが9月以来、任天堂を抜いています。

2023年のトップ10チャートは以下の通りです。

金融サービス:Stripeがリード、ブラックフライデーの影響

金融サービス部門は、従来の銀行業務から暗号通貨専用サービス、税務関連サービスまで多岐にわたります。今年は、アイルランド系アメリカの決済プラットフォームであるStripeが、PayPalをこの部門でトップの座から追い出しました。

2023年金融サービストップ10

  1. Stripe
  2. PayPal
  3. Alipay
  4. TradingView
  5. Nubank(BR)
  6. Intuit
  7. アメリカン・エキスプレス
  8. バイナンス社
  9. Bradesco Bank
  10. CoinGecko

PayPalは今年1位でスタートしたものの、3月以降はほとんどの日でStripeに抜かれました。ただし、PayPalは夏の週末やブラックフライデーで首位を維持しました。TradingViewは、7月下旬にAlipayに3位の座を奪われました。Intuitは年初に人気が高く、米国のTax Dayである4月18日にピークを迎えましたが、平日はほとんど5位で終わりました(この傾向の詳細については、Tax Dayが関連サイトに与える影響に関する2022年のブログ記事を参照)。

ラテンアメリカ最大のオンライン専用銀行、つまりネオバンクであるブラジルのNubankが6位にランクインしたのは驚きで、よく週末で上位にランクインしており、特に6月3日と7月1日がピークでした。

金融カテゴリーの特定の暗号通貨サービスに焦点を当てると(暗号通貨の詳細については後述)、「Binance」は2023年を通して順位を落とし、特に8月以降は8位と9位の間を移動していることがわかります。これは、Binanceが成長軌道に乗り、6位にランクインした2022年の傾向から変化しています。暗号通貨データの収集と追跡を行うWebサイトの「CoinGecko」は、2023年に遅れて登場し、11月に数日間6位となりました。「Coinbase」は、10月下旬以降に10位に登場しました。この金融サービス部門における暗号通貨の見通しを紹介します。

以下は、総合ランキングに掲載されたその他の金融サービスの傾向です。

  • Investing.comの199位というピークは、シリコンバレー銀行(SVB)の破綻と差し押さえから3日後の3月13日に記録しており、銀行株が急落したのと同じ日でした。この期間は、2023年の米銀行危機の伝染を恐れた日です。MarketWatchがピークに達したのも同じ日でした(293位)。
  • オンライン専用金融サービスPayPal(71位)やKlarna(211位)は、11月24日のブラックフライデーに総合ランキングの年間ピークに達しました。一方でStripeは、この日77位と明らかに急上昇したものの、最も好調だったのは11月10日の68位でした。
  • PayPalが所有するアメリカのモバイル決済サービス、Venmoは、9月が最高月となりました。

暗号通貨:Binanceは下落、CoinGeckoは上昇

金融サービス部門に加え、特に暗号通貨関連サービスも評価しました。2022年11月に倒産したサム・バンクマン=フリード氏のFTXがランキングから消えたにもかかわらず、暗号通貨部門は今年もいくつかの変化を示しています。Binance、Coinbase、CoinGecko(暗号データツールのプロバイダー)が上位を維持しており、これは2022年と同様の傾向です。Binanceは2023年のほとんどの期間にわたって1位の座を維持していましたが、先月にはCoinGeckoに抜かれました。

2023年暗号通貨サービストップ10

  1. バイナンス社
  2. CoinGecko
  3. Coinbase
  4. CoinMarketCap
  5. NiceHash
  6. OKX
  7. MEXC
  8. CryptoCompare
  9. Kraken
  10. Crypto.com

1年を通して、CoinGeckoは勢いを増し、11月には暗号通貨取引所プラットフォームのBinanceとCoinbaseを上回りました。CoinMarketCapとNiceHashも目立っており、CoinMarketCapは10月までに4位に達しました。OKX、MEXC、Crypto.comは2022年にすでにトップ10入りしており、CryptoCompare、Kraken、Trustがさらにランクインしました。CryptoとBitcoinも10位を争っており、2023年に新たに加わりました。KucoinとEtherscanは2022年にはトップ10に入っていましたが、2023年にはトップ10から外れました。

Binanceに何が起こったのでしょうか?「金融サービス」と「暗号通貨」の両部門で暗号通貨の主要プレイヤーであるBinanceが、2023年11月に首位の座を失い、2位に転落しました。同社は7月に困難に直面し、複数の重役が退職しました。そして11月、米国当局がBinanceを提訴し、複数の告発と罰金を科しました。総合ランキングでは、Binanceの最高位は4月19日、米国のTax Dayの翌日で、122位でした。しかし、その後ランクは下落し、11月に140位前後までわずかに改善しました。

総合ランキングのその他の傾向:テイラー、ビヨンセ、GitHub、Spotifyが人気

Year in Reviewで検証したカテゴリー以外において、総合ランキングにいくつかの注目すべき傾向が見られました。

  • ビヨンセの公式サイトは、スウィフトよりも総合ランキングで上位に入りました。6月15日に登場したばかりですが、346位にランクインしました。その日(とその前日)のニュースで、フィナンシャル・タイムズは、Danske Bankのエコノミストたちが、ビヨンセがストックホルムでワールドツアーを開始することを決めたことで、現地のホテル価格が高騰し、スウェーデンのインフレを招いたと考えていると報じ、「単一イベントとしては驚異的」と称しました。6月15日、ビヨンセはドイツのケルンでコンサートを行い、そこでファンの性別が明らかになったこともニュースになりました。
  • GitHubは総合ランキングでトップ50にランクインしており、2023年11月には、49位から42位へと明らかな成長を見せました。1月19日には最高36位をと最高位を記録し、この日は開発者数が1億人に達したと発表した日でした。5月12日にも38位を記録しています。これらのピークの要因について何か推測がありましたら(または当社のレポートに掲載されている他のどの項目でも結構です)、@CloudflareRadarまでお知らせください。
  • Spotifyの2023年のベストデーは、11月24日のブラックフライデーで、11月を通して大きな伸びを見せた後、57位にランクインしました。一方で、当社のランキング集計は11月25日で終了しているため、最近開始されたSpotify Wrappedの影響を捉えることはできませんでした。
  • NASAについて。今年もNASAはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡からの画像を紹介し続けました。NASAのWebサイトのランキングのピークは10月12日の160位で、この日は、金属を多く含むユニークな小惑星の探査を目的としたNASAのPsycheミッションの打ち上げ予定日の前日でした。もう1つのピークは4月28日の172位で、国際宇宙ステーションでの宇宙遊泳が放送されたときと重なっていました。
  • SpaceXについて。SpaceXは、4月17日(412位)、次いで4月20日(416位)に、当社のランキング(総合トップ500内)において最高で唯一の注目すべき日を記録しました。4月17日はSpaceXのStarshipによる軌道飛行の初試験日でしたが、打ち上げ直前に中止となり、4月20日に再開となりました。
  • Craigslistについて。アメリカの案内広告Webサイトは今年、ランキングを下げており、11月に最低を記録し、ブラックフライデーにはワーストの268位まで落ちました。
  • DHLについて。この宅配便サービスは2023年にランキングを向上させ、11月に最も好調で、米国では11月23日の感謝祭に211位でピークを記録しました。
  • NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)について。NFLサイトが最初の大きなピークを迎えたのは、NFLドラフトが行われた4月29日の189位で、スーパーボウルの人気をも上回りました。このピークに匹敵するのは、160位まで上昇した9月10日以降の週末のみです。
  • Flightradar24で最もアクセス数の多かった日は、アメリカン航空便がエンジン火災のためオハイオ州に緊急着陸した4月23日でした。この日は176位まで上昇しました。
  • Wazeについて。この交通アプリは、6月から9月初旬(北半球では夏)にかけて順位が下がり、3月19日の142位と10月2日の145位がピークでした。
  • 潮流の影響。アメリカ国立気象局が、8月29日から30日にかけて215位を記録しました。この間に、ハリケーン「Idalia」がフロリダのメキシコ湾岸に接近した際、「前代未聞の出来事」として説明しました。

まとめ:2023年、AIとeコマースの潮目が変わる

インターネットは、社交、娯楽、仕事、コミュニケーション、学習、情報収集など、最も必要なときにその役割を果たします。当社の人気インターネットサービス・ランキングでは、GoogleやFacebookなどの大手の優位性と、TikTokなどの関連性が、オンライン交流とコンテンツ消費の形成における既存プレイヤーの継続的な影響力を裏付けています。一方で、OpenAIのChatGPTに代表される生成AIサービスの台頭は、急速に普及しつつあるエキサイティングな分野を示唆しています。2024年、生成AIサービスの行く末を見てみましょう。

ソーシャルメディア領域では、X(旧Twitter)のランキングから影響力は若干落ちているように思われますが、依然として、直接の競合相手よりもはるかに順位で、高い影響力を維持しています。MastodonやThreadsなどは、競争するにはまだ長い道のりがあります。メッセージングサービスの直接の競争相手とは見られていませんが、DiscordとRedditは成長を続けています。

eコマース領域で、新興プレイヤーのTemuは大きく躍進しました。暗号通貨の分野では、CoinGeckoが人気を博し、Binanceは勢いを失いました。ゲーミングとメタバース分野では、Robloxの安定性とOculusの成長が注目されました。

2023年に観察されたトレンドは、今後さらに相互接続が進み、技術的に進歩した未来への布石となります。AIの重要性の高まり、ソーシャルメディアの不動の人気、eコマースと金融サービスにおける進化するダイナミクスは、人間がこの先のチャンスと課題に適応し続けなければならない未来を示唆しています。

ランキングの作成はチームワークによるものであり、独自の課題がつきものですが、細心の注意と頻繁な更新が必要です。そして、この部門別ランキングをより良いものにするために皆様にご協力いただけます。2024年Year in Reviewに含めるべき他のカテゴリーに関するご意見も含め、フィードバックお待ちしています。

(当社のデータサイエンティストのサビーナ・ゼイニロビッチは、インターネットサービスのデータを正確に収集する上で重要な役割を果たし、デイビッド・ベルソンの指導のもと、他の多くの人々とともに、このブログ記事に貢献してくれました。)

Cloudflareは企業ネットワーク全体を保護し、お客様がインターネット規模のアプリケーションを効率的に構築し、あらゆるWebサイトやインターネットアプリケーションを高速化し、DDoS攻撃を退けハッカーの侵入を防ぎゼロトラスト導入を推進できるようお手伝いしています。

ご使用のデバイスから1.1.1.1 にアクセスし、インターネットを高速化し安全性を高めるCloudflareの無料アプリをご利用ください。

より良いインターネットの構築支援という当社の使命について、詳しくはこちらをご覧ください。新たなキャリアの方向性を模索中の方は、当社の求人情報をご覧ください。
Cloudflare Radar (JP)Internet Traffic (JP)日本語

Xでフォロー

João Tomé|@emot
Cloudflare|@cloudflare

関連ブログ投稿

2024年1月22日 14:00

2023年第4四半期インターネットの障害のまとめ

この記事では、2023年第4四半期にCloudflareが観測したインターネット上の混乱を、Cloudflare Radarやその他のCloudflare内部ツールからのトラフィックグラフで裏付け、関連する原因や共通の地域ごとにグループ分けしてレビューします...

2024年1月09日 14:00

2023年第4四半期DDoS脅威レポート

CloudflareのDDoS脅威レポート第16版へようこそ。本版では、2023年第4四半期および最終四半期のDDoS動向と主要な調査結果について、年間を通じた主要動向のレビューとともにお届けします...