この記事はLanding Jobsで、Mission: Protect the Internet(ミッション:インターネットを保護する)というタイトルで掲載されていたものです。本記事と併せてCloudflare リスボンで募集中の職種をご覧いただけます。

リスボンのテクニカルサポートチームのリーダーであるJustina Wongは、Cloudflareで働くことやCloudflareで働きたいと考える人にとって必要と思われる情報について下記のように話しています。

Image for post

Justinaは、約3年前にロンドンでテクニカルサポートエンジニアとしてCloudflareに入社しました。現在、カスタマーサポートチームの一員として、リスボンでチームリーダーとして働いています。

考えは人それぞれですが、私自身は、周囲の人から学べると言うことは素敵なことだと思っています。才能のある人たちが大勢いて、喜んで教えくれたり、シェアしてくれます。彼らは私のインスピレーションであり、彼らのようになりたいと考えています!

インターネットを保護するというミッションについて

Cloudflare製品の中でJustinaのお気に入りは、ファイアウォールの関連製品です。Cloudflareの優先事項はお客様であることから、可能な限り簡単に攻撃の軽減を行えるようにしたいと、企業として考えています。Justinaは、「これらの保護がL7、L3/4のように複数のレイヤーにあるということがとても重要なのです。お客様が特定の攻撃に直面したときに、支援できることを誇りに思います。」と話します。

Cloudflareは、より良いインターネットを構築するために、常に新製品をリリースしています。そのため、プロダクトマネージャーは常にツールアップデートの最先端にいます。当社は、製品の面からお客様を助けることが重要であるだけでなく、お客様が答えが来るのを待たなくても迅速に問題を解決できるように、自力で解決する方法をお客様に教示することも同様に重要であると信じています。

企業文化とオフィスの雰囲気

Justinaによると、Cloudflareで驚いたことの一つに、団結力のある企業文化があるそうです。エンジニアリング部門担当上級副社長のUsmanは、最近行われた会議で「役に立つ人でいてください、問題がないか探し、ソリューションを探す手助けをしてください」と私たちに伝えました。

すべてのCloudflareオフィスは独自の小さな「flare(光、炎)」を持っています。例えば、ロンドンのミンスパイへの愛、シンガポールのとても楽しい文化的な豊かさ(公式には1年に4つの新年があります)、そしてリスボンのパステル・デ・ナタへの永遠の愛(そして戦い)など。

各オフィスは独自の機能や焦点を持っているので、Cloudflareで働く人々は非常に多様な個人に会うことができます。Justinaが特に気に入っていることの一つは、ロンドンのエンジニア全員から学び、シンガポールの新しいカスタマーサービススキルを習得し、新しいリスボンオフィスの建設を支援したことです。他のオフィスに行くたびに、Justinaが前回訪れた時に比べ、少なくとも50%はメンバーが増加していると言います。成長について語りましょう!

また、Justinaは採用に関わる立場として、Cloudflareは多様性に配慮していると述べています。

Image for post

リモートワーク

他の企業と同様に、Cloudflareでもリモートワークは日常になりました。オフィスで過ごす時間も好きだったJustinaは、次のように述べています。「1つ質問をするために、誰かのところに何度歩いていったかわかりません。今はそれがチャットメッセージに変わりました。コーヒーを飲み終わるまで、ランダムコーヒーチャットをしています。」と言っています。

面白いことに、EMEA CSUPチームはパンデミック以前よりもより親密な雰囲気で働いています。以前は、各オフィスがそれぞれのコミュニケーションの輪の中にいるような感じでしたが、今では全体で輪になって会話ができるようになりました。これは、勤務時間だけでなく勤務時間を超えた範囲でも、同僚のことを知るのに役立ちます。

リスボンのCloudflareで働きたい人が知っておくべきこと

Cloudflareにとって、チームの成長は継続的な課題であり、Justinaはリスボンのオフィスほど多くのインタビューを、今まで経験したことがありませんでした。それは大きな挑戦でしたが、楽しいことでもあります。Cloudflareは、パンデミックの渦中でも積極的に雇用しているので、チームはリスボンCloudflareの一員になる準備ができている人を歓迎したいと考えています。

Cloudflareで働く際に期待できることの1つは、上司が気にかけてくれ、あなたのフィードバックを聞いてくれることです。Cloudflareは、どこで働きたいか考えるとき、これが大切だということを知っています。ですから、学ぶ意欲があり、Cloudflareの技術について強い関心があるなら、この募集はあなたのためのものです。Cloudflareはさまざまな市場で拡大しているため、複数の言語を話すことができる技術者を探しています。

現在、Cloudflareのリスボンのオフィスでは25の募集中の職種があります。セキュリティエンジニア, フルスタックディベロッパー, データサイエンティストなどです。