Subscribe to receive notifications of new posts:

市民社会組織と連携し、Radar AlertsとAPIでインターネット遮断の状況を把握

12/15/2022

8 min read
Partnering with civil society to track Internet shutdowns with Radar Alerts and API

インターネットの遮断は、反対派を沈黙させ、外界からのアクセスを遮断することになると、政府のツールボックスのツールとして長い間使われてきました。世界のインターネットユーザーのデジタル権利を擁護する団体であるAccess NowによるKeepItOnキャンペーンは、2021年に34か国で少なくとも182回のインターネット遮断を記録しました。これらの遮断の多くは、アフガニスタンコンゴ共和国ウクライナインド、https://www.state.gov/joint-statement-on-internet-shutdowns-in-iran/イランなどで、極端な検閲形態として、抗議運動、選挙、戦争の際に起きたものです。

政府が通信を遮断したり遅くしたりする方法には、スロットリング、IPブロッキング、DNS干渉、モバイルデータ遮断、ディープパケットインスペクションなどがあり、いずれも情報に対する支配力を行使するという同じ目的をもっています。

インターネットの遮断は大半が公開されていますが、政府がどのように実施するかを文書化し、追跡することは困難です。遮断は、人々の市民生活や政治活動、経済への参加に影響を与えるだけでなく、民主主義制度に対する信頼にも重大な影響を与えます。

私たちは、過去にこれらの遮断について報告してきました。そしてCloudflareインパクトウィークでは、市民社会組織と協力して、これらの混乱の範囲を追跡および文書化するためのツールを提供する方法について詳しく説明します。私たちは、彼らの重要な作業を支援し、彼らが説明責任を要求し、反対意見を沈黙させるために利用される遮断を非難できるように、彼らが必要とするツールを提供したいと考えています。

市民社会組織向けのRadar Internet shutdown alerts

当社は、2020年にRadarを発売し、当社のネットワークからの集約データに基づいて、インターネットのパターン、洞察、脅威、および傾向に光を当てることを可能にしました。Radarの発売後、多くの市民社会組織や民主主義構築に携わる人々がRadarを使用して各国の傾向を追跡し、インターネット利用の増減をよりよく理解していることがわかりました。

社内では、インターネットに障害が発生する可能性を示すアラートシステムを用意し、ネットワークパターンの変化やインシデントに関する早期警告として利用していました。Radarを使用してインターネットの動向を追跡しているこれらの組織と連携したところ、トラフィックの分布を特定する当社の内部ツールが、こうした遮断の影響を受けている現場の人権擁護者と連携する組織にとっていかに有用であるかということがよくわかりました。

Cloudflareがこのような混乱を経験したときに組織に警告するツールを提供する最善の方法を決定するために、私たちは、Access Now、Internews、The Carter Center、米国民主党国際研究所、インターネットソサエティ、国際選挙制度財団などの組織と話をしました。対話の後、私たちは2021年にRadar Internet shutdown alertsを発売し、Cloudflareがトラフィックの著しい低下を検出した際にアラートを提供し、その情報がこれらの人権侵害を記録、追跡し、責任を負うべき機関に使われることを望みました。

2021年以来、私たちはこれらの遮断を追跡するために、市民社会のパートナーにこれらのアラートを提供しています。私たちはアラートを改善するためにフィードバックを収集し、多くのパートナーがRadarとアラートを既存の追跡メカニズムに統合するためのより多くの方法を探しているのを目にしました。これを受けて、私たちはRadar 2.0を発表し、APIアクセスを無料で提供しました。これにより、学者、データ調査官、市民社会組織、人権団体、その他のウェブ愛好家が、私たちのグローバルネットワークからのデータに基づき、世界中のインターネット使用状況を分析、視覚化、調査することができるようになりました。さらに、Cloudflare Radar Outage Centerを立ち上げ、インターネット停止をアーカイブし、市民社会組織、ジャーナリスト/ニュースメディア、影響を受けた当事者が過去の停止を容易に追跡できるようにしました。

インターネット遮断を追跡する市民社会組織のパートナーたちの活動に注目する

私たちCloudflareの仕事は、インターネット上のさまざまなプレイヤーのプライバシーとセキュリティを向上させるツールを構築することだと考えています。これとともに、私たちは市民社会組織のパートナーの活動に注目したいと思います。これらの組織は、世界中の民主主義に永続的な損害を与える標的型遮断に対抗しています。ここでは、彼らのストーリーを紹介します。

今すぐAccessを始める

Access Nowの#KeepItOn連合は、2016年にインターネット遮断を終わらせるために世界中の活動家や組織の努力を束ね、組織化することを支援するために発足しました。現在、世界105カ国から280以上の組織が参加しています。STOPプロジェクト(Shutdown Tracker Optimization Project:遮断トラッカー最適化プロジェクト)の目標は、最終的には遮断を正確に文書化し、報告することであり、そのためには入念な検証が必要です。Access Nowは、遮断を特定し、理解するために複数のソースを定期的に使用していますが、その選択と組み合わせは、遮断がどこでどのように発生したかによって異なります。

トラッカーは、定量的・定性的データの両方を使用して、ある年に世界で発生したインターネット遮断数を記録し、その規模、範囲、原因を含む遮断の性質を特徴付けています。

Access Nowの#KeepItOnデータアナリストであるザック・ロッソン氏は、「技術的測定などの手段でインターネット遮断を確認することもあれば、ニュース報道や個人の証言など、文脈上の情報に依存することもあります。また、特定の遮断がどのように命令され、それがなぜ、どのように起こったのかを含め、社会にどのような影響を与えたかを記録することに努めています」と述べています。
Access Nowの#KeepItOn連合がCloudflare Radarをどのように使用しているかについて、ロッソン氏は次のように述べています。「私たちは、遮断の発生を確認するための信頼できるソースとして、電子メールとツイートの両方でRadar Internet shutdown alersを使用しています。これらのアラートとその基礎となる測定値は、年次報告書の遮断をコンパイルする際にデータセットの一次ソースとして使用されるため、アーカイブ的な意味でも使用されます。Cloudflare Radarは、遮断について最初に知る場所となることもあります。これは、迅速な対応という意味で非常に有用です。なぜなら、遮断を検証するために迅速に動員することができ、遮断に対して提唱する際に強力な証拠となるからです」

記録された遮断の事例には、データセットに含まれる地元や海外のニュースソースを通じて報告された出来事、Access Nowのデジタルセキュリティヘルプラインや#KeepItOn連合の電子メールリストを通じて地元の関係者から伝えられたもの、あるいは電気通信会社やインターネット企業から直接伝えられたものが含まれます。

ロッソン氏は、「Radar 2.0とAPIに関しては、これらのリソースを使用して、さまざまなソースからコンパイルされた遮断データの対応、検証、公開を高速化する予定です。したがって、Cloudflare Radar Outage Center(CROC、Cloudflare Radar障害センター)と関連するAPIエンドポイントは、短期的にはCROCの目視検査、長期的にはAPIを使用してデータを集中データベースに取り込むことで、遮断に関するタイムリーな情報にアクセスするために非常に有用となるでしょう」と述べています。

インターネットソサエティ(ISOC)

インターネットソサエティのコミュニケーションディレクターであるスザンナ・グレイ氏は、インターネットソサエティのPulseプラットフォームにおいて、信頼できる複数のソースからのデータを用いて、政府が強制するインターネット遮断に関する有意義な情報を集め、それを誰もが、どこでもわかりやすい形で利用できるよう努力していると説明しています。ISOCは、Radarを含む様々なツールを使ってインターネットトラフィックを監視することによって、これを実現しています。彼らは、インターネットの遮断が進行中であることを示す可能性のあるものを見つけると、その遮断が彼らの基準を満たしているかどうかをチェックします。遮断が「Pulse Shutdowns Tracker」に表示されるには、次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 政府の声明や命令など信頼できる情報源から明らかなように、人為的に誘導されたものであること。
  • インターネット接続を解除する。
  • 集団へのアクセスに影響する。

ISOCは、遮断が政府の行動の結果であり、技術的エラールーティングの誤設定、またはインフラ障害の結果でないことを確認すると、インシデントページを作成し、信頼できるデータパートナーの関連する測定値を照合し、Pulse shutdowns trackerで情報を公開します。

ISOCは遮断を追跡するために多くのリソースを使用しています。グレイ氏は、「Radar Internet shutdown alertsは、インシデントが発生したときに我々の注意を喚起するのに非常に有効です。提供されたデータに簡単にアクセスできるため、障害の性質を評価するのに役立ちます。障害が政府による遮断であることが判明した場合、私たちはしばしばPulse shutdowns trackerインシデントページのRadarチャートのスクリーンショットを使用し、遮断中にトラフィックの出入りが停止した様子を説明するために役立てています。より詳細なデータを得ることに関心のある人々がより多くのことを知ることができるように、Radarプラットフォームへのリンクを提供しています」と述べています。

ISOCの目的は、政府が義務付けた遮断を最初に報告することでは決してありません。むしろ、遮断に関する正確で有意義な情報を報告し、経済や社会への影響を調査することが使命なのです。

グレイ氏はまた、「Radar 2.0とAPIについては、我々が開発中のデータ集約ツールの一部として使用する予定です。この内部ツールは、いくつかの障害アラート・監視ツールやソースを1つのシステムにまとめ、インシデントをより効率的に追跡できるようにするものです」と付け加えています。

Open Observatory of Network Interference(OONI)

OONIは、Webサイトの遮断、インスタントメッセージングアプリ、回避ツールなど、インターネット検閲を測定する非営利団体です。Cloudflare Radarは、報告されたインターネット接続の遮断を調査する際に使用する、主な公開データソースの1つです。例えば、OONIは、抗議活動が続くイランでの遮断について報告する際にRadarデータを利用しました。2022年、チームはMeasurement Aggregation Toolkit(MAT、測定集計ツールキット)を立ち上げ、一般の人が世界中の検閲を追跡し、リアルタイムのOONIデータに基づいて独自のチャートを作成できるようにしました。OONIはまた、各地域における検閲イベントを監視し、対応するために、ONIツールとデータを使用する複数のデジタル著作権団体とパートナーシップを組んでいます。

OONIの研究・パートナーシップ部門ディレクターのマリア・ザイノウ氏は、「Cloudflare Radarは、報告されたインターネット接続遮断を調査する際にOONIが参照した主な公開データソースの1つです。具体的には、OONIはCloudflare Radarを参照して、プラットフォームが報告されたインターネット接続遮断のシグナルを提供しているかどうかを確認し、Cloudflare Radarのシグナルと他の関連する公共データソース(IODAGoogleトラフィックデータなど)で確認できるシグナルを比較します」と説明しています。

明日の遮断を追跡する

私たちは、より多くの人権関連団体と協力し、私たちのグローバルなネットワークがどのように活用できるかを学びながら、デジタル時代の人権を守るための新しいツールを改良・創造していきたいと思っています。

Radar Internet Shutdown alertsへの登録をご希望の方は、[email protected]にご連絡いただき、Cloudflare Radar alert Twitter ページおよびCloudflare Radar Outage Center(CROC)をフォローしていただくようお願いします。Radar APIへのアクセスは、Cloudflare Radarをご覧ください。

We protect entire corporate networks, help customers build Internet-scale applications efficiently, accelerate any website or Internet application, ward off DDoS attacks, keep hackers at bay, and can help you on your journey to Zero Trust.

Visit 1.1.1.1 from any device to get started with our free app that makes your Internet faster and safer.

To learn more about our mission to help build a better Internet, start here. If you're looking for a new career direction, check out our open positions.
Impact Week (JP)Internet Shutdown (JP)Cloudflare Radar (JP)Radar Alerts (JP)Radar API (JP)API (JP)日本語

Follow on X

Jocelyn Woolbright|@jo_woolbright
Cloudflare|@cloudflare

Related posts

December 16, 2022 8:23 PM

CloudflareのImpact Week 2022を見逃したすべての方のために。

お疲れ様です!これにてImpact Week2022は終了です。先週、Cloudflareは、当社の掲げる「より良いインターネットの構築を支援する」というミッションのもと、重要なインフラプロバイダーや最も弱い立場にある人たちの声に対応すべくZero Trustサービスを提供するなど、新たなコミットメントを発表しました。また、新しい製品やサービスの発表、技術的な深堀りの共有も行いました...