Cloudflareは創業以来、通常は大企業でしか導入できない高価で複雑なセキュリティソリューションを、誰もが簡単に利用できるようにすることを使命としてきました。2011年と2015年には、WebアプリケーションファイアウォールとSSL/TLSの市場でこの使命の達成に取り組み、アプリケーションの脆弱性からWebサイトを保護しHTTPリクエストを暗号化するプロセスをワンクリックでできるように簡素化しました。COVID-19の世界的大流行が始まった2020年には、当社のZero Trustスイートを誰でも使えるものにしました。そして現在、フィッシング攻撃の激化を受けて、メールセキュリティ市場でも同様の取り組みを行っています。

2022年第2四半期早々に予定しているArea 1の買収完了後、すべての有料セルフサービスプランで、同社のメールセキュリティ技術を追加費用なしでご利用いただけるようにする計画です。制御、カスタマイゼーション、分析による可視性実現はプランレベルによって異なります。Enterpriseをご利用のお客様には、最高レベルの柔軟性とサポートを有料で提供可能です。

すべてのセルフサービスユーザーが、2020年に一般公開されたZero Trustソリューションの機能満載バージョンにアクセスできるようになります。Zero Trustサービスは、メールセキュリティソリューション無しでは完全とは言えません。そのことは、最近のCISAレポートで一層明白になりました。成功したサイバー攻撃の90%以上がフィッシングメールを端緒としており、今後はアナリストもゼロエッジへの安全なアクセスの定義にメールを含めざるを得なくなるでしょう。

ご予約をご希望の方は、dash.cloudflare.comからCloudflareアカウントにログインし、ご自分のドメインを選択して、メール、そして「Area 1ベータ版の予約登録」をクリックしてください。Area 1の買収契約が締結され、統合の準備ができましたら、予約順でご連絡いたします。

1クリックでリリース

既にCloudflareで権威DNSを管理されているお客様(PAYGOプランはほぼすべて該当)は、ワンクリックで始められます。クリックすると、お客様のドメイン宛てにメールを送信しようとする人すべてに、異なるMXレコードが返されるようになります。この変更によって、お客様のドメイン宛のメールはすべてArea 1のモデルを経ることとなり、ことによっては隔離されたり、フラグが立てられたりします。また、Microsoft Office 365をご利用のお客様は、APIを利用して、より深い統合や配信後のメッセージの再編集などの機能を利用できるようになります。

メールのルーティングやフィルタリングに加え、SPF、DKIM、DMARCなどのメールセキュリティに関するDNSレコードの管理も自動で行います。昨年、これを支援するツールを発表しましたが、近々さらに包括的で使いやすいものへと改良する予定です。

他のZero Trust製品との連携

このブログに掲載した買収発表の記事で書いた通り、メールセキュリティを当社のZero Trustスイートの他の製品と統合できて大変嬉しく思います。ゲートウェイやリモートブラウザ分離(RBI)をお使いのお客様については、潜在的に不審なドメインやリンクをそれらの保護層経由で自動ルーティングします。送信メールの可視性があるデプロイメントでは、内蔵されているデータ損失防止(DLP)テクノロジーとArea 1のテクノロジーの連携も行います。

新たなデータソースによって脅威インテリジェンスを強化

Zero Trust製品との直接統合に加え、脅威に関するArea 1のデータソースを既存のCloudflare製品へ(そして逆の方向も)繋ぐことを楽しみにしています。たとえば、Area 1によるインターネット全体のスキャンで特定されたフィッシングインフラストラクチャが、最近ローンチされたCloudflareのセキュリティセンターに表示されるようになります。Area 1は、1.1.1.1で解決する月間数兆件のクエリーをもとに、脅威かもしれない新しいドメインを特定します。新たに登録されたドメインや、正当なドメインと若干異なる形で登録されたドメインは、フィッシング攻撃の予兆である場合が多いのです。

利用開始

Cloudflareは何年も前からArea 1のテクノロジーを愛用しており、当社のお客様にもできるだけ早く開放したいと楽しみにしています。ProプランやBusinessプランでこのテクノロジーを利用できることを、私たちと同様に待ち望んでおられる方は、ドメインの「メール」タブから今すぐご予約ください。Enterpriseのお客様ですぐにでも使い始めたい方は、こちらのフォームにご記入いただくか、Customer Successマネージャーまでご連絡ください。