Keep up to date with Cloudflare’s latest news. Subscribe to the Blog.

Subscription confirmed. Thank you for subscribing!

セキュリティ

September 26, 2019 1:00PM

HTTP/3:過去、現在、未来

バースデーウィーク 製品ニュース セキュリティ HTTP3 QUIC

昨年のバースデーウィーク期間中、より高速で信頼性が高く、WebサイトやAPIといったWebエンドポイントへのよりセキュアな接続を実現するWebの新たな標準である、QUICおよびHTTP/3(当時の「HTTP over QUIC」)の暫定サポートを発表しました。また、QUICおよびHTTP/3が提供可能になり次第試用いただけるウェイティングリストに登録いただけるようにしました。...

September 23, 2019 1:00PM

悪質ボットの一掃(と気候について)

バースデーウィーク 製品ニュース ボット セキュリティ 日本語

Cloudflareは、当初から、悪意のあるボットによるWebサイトのスクレイピングや、API悪用を阻止してきました。これまで当社のボット検出方法を改善し、正当なトラフィック(発送元が人間であってもアプリからであっても)悪意のあるボットと区別することができる大規模な機械学習モデルを展開してきました。また、検索エンジンによる有用なインデックス化などを検出するために、有益なボットの大規模なカタログも作成しました。...

September 13, 2019 11:00PM

Cloudflareとウォール街が今日のインターネット暗号化にどう寄与しているか

エンロトピー セキュリティ 暗号化 LavaRand International

本日は、Cloudflareがニューヨーク証券取引所(NYSE:NET)の上場企業の仲間入りを果たした重要な1 日でした。この記念に、当社はNYSEのフロアにお気に入りのエントロピー装置を持って行くことにしました。これらのラバライトの映像は、エントロピー世代システムLavaRandの成長につなぐ種として使用し、世界中で2千万以上のインターネットプロパティのインターネット暗号化を強化しています。...

More Posts

August 30, 2019 1:00PM

APIトークンの一般提供の発表

Cloudflareは本日、Cloudflare APIで使用するスケーラブルで安全性の高いAPIトークンの一般提供を発表します。Cloudflareは、より良いインターネットの実現を目指し、エッジにおける顧客のプレゼンスの管理の簡素化に努めています。その方法の1つが、当社のすべての製品とサービスをAPIで構成可能にすることです。パートナーから企業、開発者まで、さまざまなお客様がCloudflareの管理を自動化したいと考えています。...

August 22, 2019 1:00PM

セルフサーブ用ファイアウォールイベントのスーパーチャージ

無料プラン、Proプラン、Businessプランのお客様に対して、本日、全面的に刷新されたバージョンのファイアウォールイベントログのリリースをお知らせできることを大変うれしく思います。新しいファイアウォールイベントログはダッシュボードで使えるようになっており、この新しい機能を受け取るために何もする必要はありません。...

August 08, 2019 10:00PM

Certificate Transparency Monitoring(証明書の透明性監視)の導入

本日Cloudflareは、お客様が悪意のある証明書を見つけるのに役立つ、Certificate Transparency Monitoring(証明書の透明性監視、CTモニタリング)(インターンとしての私の夏のプロジェクト)を開始します。CTモニタリングにオプトインしている場合そのユーザーのドメインに対して証明書が発行されると、Cloudflareからメールを送信します。...

June 17, 2019 1:01PM

リーグオブエントロピー:マントを着ないヒーローもいる

暗号ウィーク2019の幕開けとして、暗号化に関して長く続いた問題に対応する新たなソリューションを発表できることを、嬉しく思っています。この問題の背景にある技術面の理解を深めるには、詳細情報が記載された次の記事をご覧ください。...

September 24, 2018 12:01PM

暗号化か喪失か。SNI暗号化の仕組みについて

Cloudflareが本日サポートを発表した、暗号化SNIは、拡張版TLS 1.3プロトコルであり、ISP、カフェ店主、ファイアウォールなどのパス上のオブザーバーが、TLS Server Name Indication(SNI)拡張子を傍受し、これを利用してユーザーの訪問先のWebサイトを特定することを防止し、インターネットユーザーのプライバシーを向上させます。...