本日は、Cloudflareがニューヨーク証券取引所(NYSE:NET)の上場企業の仲間入りを果たした重要な1 日でした。この記念に、当社はNYSEのフロアにお気に入りのエントロピー装置を持って行くことにしました。これらのラバライトの映像は、エントロピー世代システムLavaRandの成長につなぐ種として使用し、世界中で2千万以上のインターネットプロパティのインターネット暗号化を強化しています。

(これはほぼおふざけです。でも、ニューヨーク証券取引所のトレーディングフロアでラバライトを見たことなんてありますか?)

少し補足します: コードは本質的に決定的 (つまり予測可能) であるため、コンピューターを使用して真の乱数を生成することは不可能です。これを補うために、エンジニアたちはランダム性のプールにエントロピージェネレータを利用します。これは「真に予測不可能な物」のちょっと気取った呼び方です。

1990年代にSilicon Graphics 社が初めて紹介したように、ラバライトはエントロピーの素晴らしい源であることが判明しました。それは当社が誇りを持って前へ進めてきた灯火です。今日、Cloudflareはラバライトを使用してエントロピーを生成し、何百万ものインターネットプロパティをより安全にするのに役立てています。

当社のサンフランシスコ本社には、魅惑的なランダム性で波のようにうねる、ラバライトが数十個並べられた壁があります。部屋の反対側に取り付けたカメラを使ってこのラバライトの動画を撮影して、その映像をLavaRandと呼ばれるアルゴリズムに送り込みます。そして、これらのラバライトの純粋なランダム性をめまいがするような極限まで増幅させます(コンピュータは純粋なランダム性の種を作り出すことはできませんが、大幅に増幅させることはできます)。

今朝、始業の鐘が鳴る少し前に、ニューヨーク証券取引所のトレーディングフロアで動くラバライトの映像を記録しました。その映像をLavaRandシステムに取り込んでいます。結果として得られるエントロピーは、当社が毎日活用しているその他の無数のエントロピーの源と混合され、ウォール街に守られた暗号的に安全なランダム性の源となります。

当社は最近このランダム性への情熱をさらに展開し、世界規模で活躍する組織や個人によるコンソーシアムであるエントロピーリーグを促進し、グローバルに分散したネットワークを介して検証可能なランダム性を生成しました。リーグ創設メンバーの1人として、LavaRand (上の写真)は、究極のエントロピーと高い信頼性を持つランダム性のプールで世界中の開発者を力づける上で重要な役割を果たしています。

そして今日、彼女は表彰台からの眺めを楽しんでいます!


注記:当社のサンフランシスコ本社で実行しているラバライトは、24時間 365日リアルタイムで記録され、継続的なエントロピーを作り出しています。理由は想像がつきますが、NYSEは、取引中に立会場からのライブ動画配信を許可していていません。しかし今朝、NYSEはオープニングベルの少し前に溶岩ランプの映像を記録することを許可してくれました。ビデオは録画され、私たちは当社のLavaRandシステムに(サンフランシスコに戻った溶岩ランプを含む他の多くのエントロピージェネレーターとともに)それを取り込んでいます。